体内の油を溶かす水!?体内の油・有毒物質を排出させる方法とは

今年は、お水について色々とアップしてゆきます。
お水で油が溶ける?!
いやいや、お水と油は混ざらないし!!
分離するの見たことある!! 
お皿洗うときもそうじゃん!
って思いますよね。
そう。存知のように、
油汚れは水だけでは落とせません。

では、
体内の油を落とすには??
 
食品添加物や大気汚染物質などの化学的有毒物質は、ほとんどが【脂溶性】
 
脂溶性 = 油に溶ける = 水に溶けない
 
この性質から、
脂溶性の有毒物質を体外へ排出させようとするときに、水を飲んでも効果はありません。
 
なぜなら、
【水】と【油】は混ざり合わないから。

普通はそうなんだけど・・・
ガイアの水135は違っていて
この写真のように
ガイアの水135と油が混ざる!

ガイアの水135は、
水でありながら、油を乳化させる(溶け合う)ことが出来ます。


つまり、
水と油が混ざり合い、
体内の油や有毒物質を発汗や排尿によって、体の外へと排出させることが出来る

のです。
ガイアの水135だと
水と油が分離するという問題点が解決なんです。
細胞に届く!
発酵を促す!
油を溶かす!
浄化できる! 
活きてる!
そんなお水が「ガイヤの水135」


■細胞の元気が全身の元気(免疫力が上がる水)

人は年とともに細胞内の水が減少するといわれています。
ガイアの水135で水の分子をイオン化、量子化することにより、細胞内にエネルギーの多い水を取り込むことが出来ます。


ガイアの水135を生活に取り入れて
身体をクリアに、毎日を健やかにお過ごしください。

まわりてめくる

【 氣功体操インストラクター・塩ソムリエ】 からだ・こころヨロコブ講座やイベント(ツナゲル∞ツナガル)を企画・開催しています。 「五感を養い、直感(観)を研ぎ澄ませる」 細胞がイキイキする日々を。 まわりてめくるオススメの魅力あり生命力溢れる商品をWebShopにて販売中。

0コメント

  • 1000 / 1000