【お塩摂取のススメ】さとうのお塩(天日塩)

【お塩摂取のススメ】

お塩摂取の大切さが広がっているのか「さとうの塩」 人氣です

暑いと歩いているだけで汗がでますね

汗をかくとカラダの水分が血液が失われます


ちまたでは、塩飴がたくさん目につく季節です

お塩や梅干しを携帯して、時々摂取するのをオススメします♪♪


大量に汗をかいた時の水分補給には、汗と一緒に失われた体内の電解質

(ナトリウムイオン、カリウムイオン、塩素イオンなど)を同時に補給できる

経口補水液もおすすめです。


ポ◎リやアク◎◎アスでもよいですが、

自分でも作れるのでぜひ、作ってみてくださいねー!!


クックパッドにも載ってます♪

※くみんちゅさんレシピ

https://cookpad.com/diary/2332865


オススメのお塩は、「さとうの塩」。カラダを中庸に導いてくれる感じです。

《参考までに》
のどが渇くメカニズム ~体液は水分と塩分で成り立っている~


体液にはナトリウム(塩分)や、

マグネシウム、カリウム、カルシウムなどの電解質が溶けています。

臓器や筋肉を動かすには微細な電気が必要で、

体が快調に動き、いろいろな臓器が活発にはたらくためには、

電解質が豊富な体液が必要です。


浸透圧は電解質や糖質からなり、

通常体液の浸透圧はほぼ一定に保たれています。尿、汗などで体重の1%程度の水分が失われるだけでも、血液の浸透圧が高くなり、私たちは自然にのどが渇いたと感じるようになっています。

そこで水分を補給すると、

体液の浸透圧が一定に保たれ、のどの渇きが和らぎます。

https://takeda-kenko.jp/yakuhou/feature/moisture/vol01.html




#夏の養生 #さとうの塩 #塩スプレー #塩分補給 #ミネラル #造#水分吸収 #中庸 #天日塩 #まわりてめくる #まわりてめくる的夏の過ごし方

マワリテメクル氣功

【 塩ソムリエ・氣功体操インストラクター】 からだ・こころヨロコブ講座やイベント(ツナゲル∞ツナガル)を企画・開催しています。 「五感を養い、感覚を大切に生きる」 細胞がイキイキする日々を。 まわりてめくるオススメの生命力溢れる商品もWebShopで販売中。

0コメント

  • 1000 / 1000